Boss

1939年に”機械作業用の安全靴”としてエンジニア・ブーツの製造をスタート。当時のアメリカ産業界では工業化が加速し、機械工員たちは安全性の高いこの新しいブーツをこぞって使用することになりました。また第二次世界大戦中には船の荷積みを行う労働者たちにも愛用されています。さらに戦前のモーターサイクルシーンでは長くレースアップ・ブーツが主流でしたが、戦後は安全性に加え高い防水性も備えたエンジニア・ブーツが大流行。特にWESCO製の無骨で頑丈な造りはハイエンドなバイク乗りたちに熱狂的な支持を集め、’90年代以降は”Boss”というモデル名で世界中のモーターサイクリストに愛用されています。