Boot Care

長く履き続けていただくために、ユーザーの皆さまご自身での日常のメンテナンスが必要不可欠です。
ご自宅でもできる、メンテナンス方法とケア商品をご紹介いたします。

Brushing and Cleaning (ブラッシングとクリーニング)

まずはレザーに傷がつかない程度の硬さの毛ブラシを使って、ブーツ表面に付着している汚れやホコリを取り除きます。作業の前にはストラップやシューレースなどを取り外し、隙間もブラッシングしましょう。頑固な汚れには、固く絞った濡れタオルやレザー用クリーナーも効果的です。ただし、クリーナーを使用する場合は必ず目立たない場所でシミにならないか試してからにしましょう。

Oiling-Up(定期的なオイルメンテナンス)

WESCOブーツのレザー部分には、新品の状態ですでに充分なオイルが浸透しています。しかし、末永く最良のコンディションで愛用していただくには、定期的なオイルメンテナンスが必要不可欠です。オイル入れるタイミングとして、

  1. 履き込んでいくにつれ少しずつレザーからオイル分が抜け、乾燥した手触りになったとき。
  2. 雨などで水分を多く含んでしまったとき。
  3. 長い期間保管する前や長期間保管した後ご使用になる前

などが挙げられます。

Boot Dressings(WESCOオリジナルケア用品)
  1. Bee Oil
    汚れを取り除いた後、最初に塗るのが”Bee Oil”です。レザー内部に深く浸透し栄養を与え、下地を作ります。
  2. Bee Seal Plus
    Bee Oilを塗った後、このオイルで全体を保護します。オイル分の発散を防ぎ、防水・撥水性を高めます。
  3. Bee Natural Leather Care (Mink Oil Cream)
    ブーツを長期間補完する前、または保管した後などに使用します。レザーに柔軟性を与えてくれます。
  4. Silicone Protectant
    液状のシリコンオイルで、高い防水性を得ることができます。BKFレザー(現在は廃盤)に使うと効果的です。
    また、ドメインレザーにもご使用いただけます。
Insoles(インソールのケア)

ブーツを一日履いてご自宅に帰ったら、インソール(中敷き)を取り外しましょう。こうすることでブーツ全体、特にブーツ内部の湿気が取れやすく、カビや臭いなどの対策にもなります。インソールは消耗品と考え、定期的に新しいものに交換することもブーツを長持ちさせる秘訣です。また、着用時は必ずインソールを取り付けてください。WESCOブーツはステッチダウン製法で作られている為、インソールの無い状態での着用は、靴底から出ている釘で怪我をする恐れがありますので十分にご注意ください。

 

その他ブーツケア、メンテナンスについてご質問等ございましたら、WESCO JAPANならびにWESCO直営店、全国のWESCOディーラーにご相談ください。