Wesco boots are without rival.
History of WESCO Boots

オレゴン州スキャプースという豊かな自然に囲まれた小さな田舎町に拠点を構えるウエスコは、1918年に創立者ジョン・ヘンリー・シューメイカーによって誕生しました。彼がブーツメイキングに携わるようになったのは16歳のころで、当時世界一の材木量を誇り、”ザ・ロギング・キャピタル・オブ・ザ・ワールド”と呼ばれていたミシガン州にて、ロガーブーツのメイキング技術を習得したのが始まりです。その後、新たなチャンスを求め西部に向かい、ハーバート・ブラッドリー・シュー・カンパニー、グッドイヤー・シュー・カンパニーでプロダクションとリペア部門を任された後、独立することとなります。しかしすぐに経営が軌道に乗ったわけではなく、その道のりは決して平坦なものではありませんでした。世界大恐慌によって一時は工場を閉鎖せざるをえなくなり、ビジネスや貯金、家さえも失ってしまうのです。それでもブーツメイキングの道具は決して手放さず、家族親族で力を合わせブーツ作りを再開。良い日でたった8足しか製作できなかったといいますが、ロガー達が働く現場に直接ブーツを売りに出かけ、徐々にビジネスを回復させて行きました。そんな不屈の精神が、彼の孫にあたる現在の社長ロバータ・シューメイカーにまで脈々と受け継がれています。今ではアメリカでも見つけることが難しくなったファミリービジネスを貫き、決して大量生産にシフトすることなく品質を最優先する姿勢は、この先も変わることはありません。長い歴史で培われてきた技術や名声に甘んじることなく常に進化をし続けるウエスコは、この先もロガーやラインマン、ファイヤーファイターといったアメリカの屈強なハードワーカーたちの足元を守り、世界中のファンを魅了し続けていくでしょう。



About WESCO Boots

一足のウエスコブーツは徹底した品質管理のもと、裁断や縫製、ソールの取り付けなどを全て自社工場で行い、昔ながらのハンドクラフトによる155もの工程を要しながら、高い技術力を経て作り上げられています。なかでもウエスコ社が創業当時より頑なに守り続けるステッチダウン製法は、今では他で見ることが難しくなったアメリカの伝統的な製法であり、耐久性、防水性、屈曲性に大変優れた品質が特徴です。全てのモデルのバンプ(つま先部分)とカウンター(踵部分)は肉厚な2枚の革で構成されており、さらに型崩れを防ぐパーツをその中央に挟み入れ、内側の革はインソールに釣り込まれます。外側の革はミッドソールを沿うように継ぎ目無くそのまま引っ張り出され、アッパーレザーやミッドソール、更にはビブラム社製のラバーソールをも直接縫い合わせていきます。そうすることでソールの剥がれに対する耐久性はもちろん、気密性が高く防水性が向上します。ウエスコ社が拠点を置く自然豊かなオレゴン州は雨の多い地域であり、防水性へのアドバンテージが高いこの製法は必然とも言えます。またシンプルな構造ゆえに余計なパーツを必要とせず、足馴染みの良いはき心地をえられます。さらに、型崩れを防ぎながら土踏まずを保護し、足への負担を軽減するためにあえて手間のかかる「スチールシャンク」を他メーカーに先駆けて採用しています。過酷な環境を耐え抜くことの出来るヘビーデューティーなレザー、選び抜かれたビブラムUSA社のソール、そしてステッチダウン製法との組み合わせにより、大変優れた耐久性と履き心地を実現します。

ウエスコブーツは設立当初より、ロガーをはじめラインマン、ポリスオフィサー、ファイヤーファイターなど、最も過酷でタフな職業に従事するハードワーカーたちの足元を支え続けています。これらの実績に裏打ちされた高い機能性やクオリティーは、他のワークブーツやファッションブーツの追随を許しません。大量生産に走らず、ハイクオリティーをキープすることを最優先に考える姿勢は1918年より変わることなく、その頑な信念のもと、新しい挑戦も怠りません。その一例が2003年にラインナップに加わったFirestormerです。246℃もの高温の中を40分にも及ぶ時間を耐え抜き、ファイヤーファイターの足元を支えた実績はメディアにも大きく紹介されました。また、2011年にはVoltFoe、GroundOutといったエレクトリカルワーカーの為の専門性の高いモデルを発表し、近年ではよりファッション性の高いRobert Williamといったモデルもラインナップに加え、話題を集めています。

創業時から続くカスタマーオリエンテッドの考えから、ユーザーの個々の使用状況や趣味趣向といったライフスタイルに合わせ、一足からカスタムオーダーが可能です。現在ウエスコが製作している主なモデルは全15種。Women’s Custom Bootsを加えると全27種にも及ぶラインナップを誇ります。それらのレザーカラーやハイトの高さ、トウ、シャフト、ソール、ライニング、ストラップ、ステッチ、バックルやリング、アイレットなど、多岐にわたるカスタムメニューからユーザーに最適の一足を提供することが可能なのです。

“A shoe is no better than the leather it is made of—and all the leather on the market is not worth a ‘whoop’ where there is no shoemaking skill.”
— John H. Shoemaker, Founder, West Coast Shoe Company